ラグビーグラバーの前回転について調べた

グラバーで前回転がかからない間違ったキック

 

大学ラグビーに所属して毎日キックの練習に明け暮れてます。どこかで読んだけど、一人の飛びぬけた良いキッカーが育つとチームが別の生き物のようになると・・早くその存在になりたいと思うけどなかなか奥が深くて難しい・・そんななかでグラバーキックは、ゴロで遠くに飛ばすために前回転をかけるのが基本と言われるけどこれが上手くいかない・・なんで?

 

ボールの落とし方と蹴り位置を見直し、最小限の力で蹴る

 

ポイントやコツが色々あるらしいが・・!?

 

ラグビーキック上達法〜グラバー前回転コツ〜

 

ボールは縦に持ち自分側のほうを上にして持つ。蹴る面積が狭い分微妙な差で軌道が変わることも注意とか・・!?

 

こういった方法もあったのか・・もっと早く出会えればよかったな・・でも今から勝負!とことんがんばろ

 

 

なんといってもラグビーのキックが下手な私達は・・

 

実はこうしたグラバーで前回転テクニックやコツなどに疎かったりするもの。自分なりにコツを調べたりするけど手とり足とり親切な良い情報が出て来るとも限らないし、そもそも何かと忙しくて毎回丁寧に調べてる時間も余裕も無かったりするもの・・

 

だからこそ、今の自分達に必要なのは効果的なグラバーの方法も含め都度、目で見て理解できすぐに上達できるようなプロの教えや極意というべき、ラグビーキックに特化した教科書などの存在をいち早く見つけ出し、そこから愚直に吸収することが上達への最短近道かもしれないですよね〜お互いに頑張りましょ^^

 

 

 

元・日本代表、現・日本代表コーチ栗原徹があなたをDVDで徹底指導!

 

攻守で不可欠、味方を前進させるキックとプレースキックの秘訣を公開。

 

試合で活かせるキックは飛距離以外にさらに重要な、精度とスピードが無くてはならない要素。蹴る時の角度も重要だが、キーとなるポイントはやはり体重移動と上体操作。蹴る瞬間の体重移動がダメだと距離がでても効果的な回転を生む力をボールに伝えられない・・上体操作ができないと狙ったポイントにボールを落としたり、味方の攻撃を存分に生かすスピードのあるゴロキックを、期待通りの軌道で蹴ることなどほとんど不可能・・

 

ではどうしたらいいのか?そのためにあなたがやるべきことはこのプログラムに網羅されているトレーニングメニューを、個人としてチームとして日々の練習メニューに追加して、実践するだけで攻撃と守備双方でチームに貢献できるラガーになれるでしょう。

 

相手ディフェンスがどう出てこようが、ラグビーキックで様々なコースを狙う事ができ、知らず知らず、ディフェンスが限りなく恐れるプレイヤーになっていることにあなた自身が感じ驚くでしょう・・

 

ラグビーキック上達革命DVD2枚組詳細はこちら

 

個別メールサポート&180日返金保証も付いてるので安心です。

 

 

 

ショッピングセンターの中に入っているメガネ屋さん。無料で洗浄機でメガネが洗浄できるので使った。若干液が濁った汚いなと思ったけどまあいいかと思い。ありがたいことに洗浄した後ティッシュが横にあってそれで拭き取れる。そしたらたまたまティッシュが中身が入っていなくて店員さんに聞いたら終わってしまったと。代わりにこれで拭いてくれと言われた布がとても拭き取りが良くて毎回これを貸してくれないかなぁと思っちゃった。メガネ屋さんの超音波洗浄機ほんとにきれいになるよね。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る