ラグビーキックの精度高いキックを調べた

距離20mのキックを制したい・・

 

短くも長くもない20m距離のキックが難しい場合は・・

 

短距離の蹴り方で体重移動を使っていくことで精度の高いキック

 

が蹴れるらしい・・

 

ラグビーキック上達法〜距離20mの精度高いキックの方法コツ〜

 

 

自分などは大きく振り切ってしまう癖があるためためこれができない。。実はこれだけは避けたいポイントらしい!?

 

10m・20m・30mの練習法と、それぞれで意識すべき点についてノウハウをいち早く知って習得しないとね!

 

 

なんといってもラグビーのキックが下手な私達は・・

 

こうした距離20mのキックのテクニックやコツなどに疎かったりするもの。自分なりにコツを調べたりするけど手とり足とり親切な良い情報が出て来るとも限らないし、そもそも何かと忙しくて毎回丁寧に調べてる時間も余裕も無かったりするもの・・

 

だからこそ、今の自分達に必要なのは効果的な距離20mのキックの練習方法も含め都度、目で見て理解できすぐに上達できるようなプロの教えや極意というべき、ラグビーキックに特化した教科書などの存在をいち早く見つけ出し、そこから愚直に吸収することが上達への最短近道かもしれないですよね〜お互いに頑張りましょ^^

 

 

 

元・日本代表、現・日本代表コーチ栗原徹があなたをDVDで徹底指導!

 

攻守で不可欠、味方を前進させるキックとプレースキックの秘訣を公開。

 

試合で活かせるキックは飛距離以外にさらに重要な、精度とスピードが無くてはならない要素。蹴る時の角度も重要だが、キーとなるポイントはやはり体重移動と上体操作。蹴る瞬間の体重移動がダメだと距離がでても効果的な回転を生む力をボールに伝えられない・・上体操作ができないと狙ったポイントにボールを落としたり、味方の攻撃を存分に生かすスピードのあるゴロキックを、期待通りの軌道で蹴ることなどほとんど不可能・・

 

ではどうしたらいいのか?そのためにあなたがやるべきことはこのプログラムに網羅されているトレーニングメニューを、個人としてチームとして日々の練習メニューに追加して、実践するだけで攻撃と守備双方でチームに貢献できるラガーになれるでしょう。

 

相手ディフェンスがどう出てこようが、ラグビーキックで様々なコースを狙う事ができ、知らず知らず、ディフェンスが限りなく恐れるプレイヤーになっていることにあなた自身が感じ驚くでしょう・・

 

ラグビーキック上達革命DVD2枚組詳細はこちら

 

個別メールサポート&180日返金保証も付いてるので安心です。

 

 

 

 

この前テレビでやってたけど、サングラスって直射日光避けて目の疲れを軽減するみたいね。よく外国人の人がサングラスしてるけど。あとマラソン選手もサングラスしてるのは目の疲れから来る疲労を軽減するみたいね。外国人とかはサングラスしててかっこいいけど、日本人が普通にサングラスして買い物とか行くと怪しい人に思われるよね。その辺は文化の違いかな。試しに1日サングラス掛けたらやっぱり目の疲れが違うのかな。試してみよ〜

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る