ラグビーキックの軸足の使い方を調べた

飛距離と精度を同時に改善する軸足の使い方

 

飛距離と精度を同時に改善する良い方法ないかなと思い調べた。

 

蹴った後に、振りかぶりすぎるのは、よくないみたい!?

 

ラグビーキック上達法〜飛距離飛ばす軸足の使い方コツ〜

 

 

力強く見えるけども実は力が分散してしまうらしい・・軸足を内側に絞り、キック後はキックのパワーをそのまま前に流していくことで、飛距離を保持したまま精度を上げることが可能になるとか。

 

 

何といってもラグビーのキックがまだ未熟な私達はこうした・・

 

軸足の使い方のテクニックなどにもまだ疎いもの。分からないことがあると1つ1つ丁寧に調べてはみるけど本当はそんな時間
も余裕も惜しい。。

 

だからこそ、今の自分達に必要なのは軸足の使い方のテクニックも含め都度目で見てすぐに身に付くような自分だけのパーソナルコーチというべきラグビーキックに特化した教科書などの存在をいち早く見つけ出し、そこから愚直に学んでいくことが上達への王道かもしれないですよね〜頑張りましょ^^

 

 

 

元・日本代表、現・日本代表コーチ栗原徹があなたをDVDで徹底指導!

 

攻守で不可欠、味方を前進させるキックとプレースキックの秘訣を公開。

 

試合で活かせるキックは飛距離以外にさらに重要な、精度とスピードが無くてはならない要素。蹴る時の角度も重要だが、キーとなるポイントはやはり体重移動と上体操作。蹴る瞬間の体重移動がダメだと距離がでても効果的な回転を生む力をボールに伝えられない・・上体操作ができないと狙ったポイントにボールを落としたり、味方の攻撃を存分に生かすスピードのあるゴロキックを、期待通りの軌道で蹴ることなどほとんど不可能・・

 

ではどうしたらいいのか?そのためにあなたがやるべきことはこのプログラムに網羅されているトレーニングメニューを、個人としてチームとして日々の練習メニューに追加して、実践するだけで攻撃と守備双方でチームに貢献できるラガーになれるでしょう。

 

相手ディフェンスがどう出てこようが、ラグビーキックで様々なコースを狙う事ができ、知らず知らず、ディフェンスが限りなく恐れるプレイヤーになっていることにあなた自身が感じ驚くでしょう・・

 

ラグビーキック上達革命DVD2枚組詳細はこちら

 

個別メールサポート&180日返金保証も付いてるので安心です。

 

 

 

 

なんか外で人の叫び声みたいな声が聞こえるなと思ったら、近くのビルで工事が終わったみたいで足場職人が片付けていました。少し窓から覗いていましたがなんかすごい仕事だな。なんていうか役割がはっきりしててかなり速いスピードでパイプとか金具とか片付けててスピード勝負みたいな感じなんだろうな。自分には体力がないからできそうにはないけど。でも1回やってみたいなぁ。誰か言ってたけど足場職人の人ってみんな腰悪くするから30歳くらいまでしかできないみたいね。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

 

 

ページ上部に戻る